汎用的に利用できる、その秘密は?

The secret available universally?

> 汎用的に利用できる、その秘密は?

特許データのセットアップ方法

「特許データの保存」 専用画面から取り込みします。

※1 Excel,CSV,txt 形式の特許データなら取り組み保存ができます。
※2 多言語対応により、世界各国言語の特許がご利用いただけます。
※3 番号正規化処理により、同一特許は1件として保存されます。
※4 1つのタイトルで1万件を基準にしています。(但し、件数制限はかけていません。)
※5 出力元の異なるデータも同じタイトルに保存することができます。

基本4画面

  • 1.業務タイトル一覧画面


    各図をクリックすると拡大します。

    <特長1>社内業務が全部見える化
    ・ログイン後、まず業務タイトル一覧が表示されます。
    ・タイトルのクリックで仕事が始まります。
    ※業務タイトル毎に、利用者とセキュリティ設定ができます。

  • 2.特許データ目次画面


    特許第5548517号
    各図をクリックすると拡大します。

    <特長2>仕事の進捗や管理状況が一目瞭然
    ・特許マトリクス進捗目次が表示されます。
    ・業務の目的に合わせて、表示項目の選択や件数の絞込み表示ができます。
    ・特許件数のクリックで、選択した件数の抄録/一覧が表示されます。
    ※都度、リアルタイムで自動集計されます。

  • 3.抄録/一覧画面


    各図をクリックすると拡大します。

    <特長3>好感触の抄録独自インターフェース!
    ・全図面スクロール抄録を採用(JP・US・CN)
    ・分担評価、メモ入力ができます。
    ・一覧表示ができます。
    ※利用者ごとタイトルごとにレイアウト設定保存が可能です。

  • 4.特許詳細画面


    各図をクリックすると拡大します。

    <特長4>詳細画面で各種情報管理ができる!
    ・1件ごとの特許詳細画面が表示されます。
    ・全テキスト、イメージデータが表示可能です。
    ・分担評価、メモ入力の他、階層分類、資料添付、リンク設定ができます。
    ・フリー項目(名称変更可)にテキスト入力やリンク設定ができます。
    ※利用者ごとタイトルごとにレイアウト設定保存が可能です。

アイテム(機能)

  • Excel、CSV、TXT取込

    <特長>項目形式、言語、件数フリー
    ・取込形式と対象データを指定するだけで取り込みができます。
    ・対象データ項目を、THE調査力項目にドラッグ&ドロップで取り込みのマッチングを行います。
    ※1 初回データ形式は、取込案内型のウイザード機能を用意。
    ※2 通常は、登録した取込形式が利用できます。

  • 分担評価、階層分類、メモ

    <特長>社内情報の入力・管理が可能
    ・評価は、「一段階」 と 「一次、最終」 の選択ができます。
    ・表示中の指定特許に「関係資料を添付」することができます。
    ・「階層分類」の設定・表示ができます。
    ※関係者で自在に分担評価できる仕様になっています。

  • 資料添付、リンク参照

    <特長>業務に関連する資料も一元管理
    ・業務タイトルごとに「社内資料」を添付して管理できます。
    ・特許詳細画面では、フリー項目に外部URLリンク(例えば、Espace-netなど)を貼ることもできます。
    ※図なし
    ※資料添付には、件数制限は特にありません。

  • 「審査経過」自動更新機能

    <特長>審査経過データ(JP)が毎週、自動更新
    ・「監視中」設定だけで、毎週、最新の経過情報が自動で保存されます。
    ・指定項目に変化があれば、メール通知、アラート表示も可能。
    ※1 J-Platpatをリンク表示できます。出願番号の入力で包袋資料を手間なく閲覧できます。
    ※2 本機能は、データ・オプションでご利用いただけます。

    HYPATデータベースWeb_APIサービス/㈱発明通信社様と連携

  • SDI公報自動保存機能

    <特長>継続調査は、式登録で自動保存可能
    ・検索条件式の登録ができます。新規発行の特許公報は完全自動で新規データ更新ができます。
    ・対象国は、JP・US・WO・EP・CNの五極です。
    ※1 自動保存は、JPは週単位、他の国は月単位です。
    ※2 本機能は、データ・オプションでご利用いただけます。

    HYPATデータベースWeb_APIサービス/㈱発明通信社様と連携

  • 特許公報データ自動保存

    <特長>イメージ情報は、手間なく自動保存
    ・公開公報PDF、登録公報PDF、代表図面、全図面データ全文テキストデータは、自動データ保存ができます。
    ・対象国は、JP・US・WO・EP・CNの五極です。
    ※1 全図面データは、JP・US・CNの3か国が対象です。
    ※2 全文テキストは、JPのみが対象です。
    ※3 本機能は、データ・オプションでご利用いただけます。

    HYPATデータベースWeb_APIサービス/㈱発明通信社様と連携

  • 自動機械翻訳機能

    <特長>ノイズ除去なと、外国調査が日訳で可能
    ・名称、要約、請求項の自動機械翻訳により、日訳の保存・利用が手間をかけずにできます。
    ・一括バッチ翻訳処理とリアルタイム翻訳ができます。
    ・対象言語は、英・中・韓・独の4か国です。
    ※1 言語単位のオプション選択ができます。
    ※2 本機能は、翻訳オプションでご利用いただけます。

    Web-Transer@SDKサービス/㈱クロスランゲージ様と連携

  • パテントマップEXZ連携機能

    <特長>EXZへのデータインポートを自動省力化
    ・パテントマップEXZ分析用の特許データをTHE調査力に保存することができます。
    ・THE調査力から指定した特許データ・項目を、パテントマップEXZにダイレクトに自動インポートができます。
    ※ パテントマップEXZは、インパテック㈱の製品です。別途、契約が必要です。

    パテントマップEXZ/インパテック㈱様と連携

  • クイックExcelマップ機能

    <特長>誰でもいつでも特許マップを簡単作成!
    ・件数マトリクス目次から対象データを選択して、5種類の特許マップが、Excelで簡単に作れます。
    ・棒グラフ
    ・円グラフ
    ・折れ線グラフ
    ・積み上げ棒グラフ
    ・バブルチャート

  • 専門用語自動抽出機能

    <特長>特許の専門用語を自動抽出!
    ・処理実行を指示するだけで、業務タイトル内の特許テキストデータから、専門用語(複合語)を自動抽出します。
    ・用語の出現頻度、出現特許件数も表示します。Excel出力も可能。
    ・ハイライトソート機能及び検索に利用することができます。
    ※ 本自動抽出機能は、東京大学情報基盤センター(中川裕志教授)で開発された専門用語自動抽出エンジンを使用しています。
    注釈.この専門用語自動抽出機能は、東京大学・中川裕志教授、横浜国立大学・森辰則教授が作成された「専門用語自動抽出システム」を搭載しております。

  • ハイライト・ソート&ビュー機能

    特許第5703399号

    <特長>業界初の特許をワードで自在にソート!
    ・ハイライト付けしたワードで、特許がソートできます。
    ・ノイズ除去、分類付け、特許探索の短時間化に、その威力を発揮します。
    ・ハイライトビュー機能は、指定ワードのある個所のみ明細書を表示します。早期理解に便利です。

  • コミュニケーション機能

    <特長>特定特許の関係者間ネット連絡が可能
    ・知財部門と研究・開発部門間など、特許調査中に詳細画面から関係者にネット連絡ができます。
    ・同時に、公報PDFリンク付きのメール送信も可能。
    ・ネット連絡の記録が保存され、情報の共有ができます。

  • パテント・ファミリー管理機能

    <特長>GPG/FXデータで、ファミリー管理!
    ・GPG/FXからTHE調査力専用データが出力可能。
    THE調査力で、GPG/FX取込フォーマットで保存できます。
    ・ファミリー特許の共通ID番号により、パテントファミリー管理がができます。
    ※ GPG/FXは、一般財団法人日本特許情報機構Japioと㈱発明通信社が共同で提供しているサービスです。 別途、契約が必要です。

    Japio-GPG/FX/一般財団法人日本特許情報機構様・㈱発明通信社様と連携

運営/代理店サービス