会社概要

Company Profile

> 会社概要 > ごあいさつ

ごあいさつ

現行特許法の基礎となる昭和34年法制定から半世紀。
企業における知的財産権の価値もこの半世紀で大きく様変わりしてきました。高度成長期、企業では主に技術行政の一環として、出願と権利取得に重きが置かれてきた時代から、米国におけるプロパテント政策への転換以降、知的財産権を企業経営に活かす重要な制度・施策となり現在に至っています。 今日、経営上の明確な意思や目的をもった「知財戦略」や、知的財産権の経営価値向上のための「経営知財」がますます重要となってきています。スヒード感が求められる知財マネジメント、経済発展国の拡大等も加わる中で、知財ITを駆使した社内環境づくりが欠かせなくなってきています。 このような認識に立って、当社は、知財戦略や経営知財に対して、知財環境の変化を先取りした先行的な知財ソリューション提案を行っていくこと、同時に1社1社の企業様に対して、それぞれの課題やニーズに最良のお役立ちをしたいと思っています。 誠実から信用を、そして信用から信頼へとご評価が頂けるように努力してまいります。
今後共、当社をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

伝統の奈良を礎に

710年、藤原京から奈良平城京に遷都されました。 京都や大阪から奈良に来られたら、広い平城宮跡の中を電車で通ることができます。窓から見える光景に、1300年前には日本の都が74年間栄えていました。今私達にできることは、この地の伝統を守り次世代に繋げること、そしてもう一つ、発展のための新しさを生み出していくことです。以前、特許制度の必要性を理解するときに、刀鍛冶の話が引用されたことを思い出します。伝統や秘伝を守ることは、逆に発展を妨げることにもなりますが、伝統や秘伝を超える努力に新しい発想も生まれるのではないでしょうか。 私たちの会社が、奈良にあることも意味があるように感じます。

当社の基本姿勢

  • 綱領

    私たちの使命は、変化する環境にたゆまなく新しい価値を創出する商品を提供することにより、社会活動の喜びと発展に寄与すること。

  • 信条

    社会環境を先取りする感性を磨き、商品の価値と品質を保証する能力の向上に努めることにより、信用と信頼される会社と社員でありたい。

運営/代理店サービス