ホーム > 利用規約

THE調査力_クラウドサービス利用規約


第1条(利用規約)

本利用規約は、アイ・ピー・ファイン株式会社(以下「アイピーファイン」といいます。)が提供する「THE調査力_クラウド」(以下「本サービス」といいます。)の利用にかかわる一切に適用されます。
アイピーファインがユーザーに通知する本サービスの説明、案内、利用上の注意等(以下「説明等」といいます。)は、名目のいかんにかかわらず本利用規約の一部を構成するものとします。
アイピーファインは、ユーザーの了承を得ることなく本利用規約を随時変更することができるものとします。変更後の本利用規約は、アイピーファインが本サービスのホームページ上に掲載することでユーザーに通知した時点より効力が生じるものとします。

第2条(仕様)

本サービスの仕様は、別紙に定める通りとします。アイピーファインは、本サービスの仕様を予告なく変更することがあります。

第3条(利用契約の成立)

本サービスの利用を希望するユーザーは、本規約に同意した上で、アイピーファインが別途定める手順に従って本サービスの利用を申し込むものとし、アイピーファインがこれを承諾し、当該手続きが完了した時点で利用契約が成立するものとします。
前項に定める申し込みについて、本サービスの利用を希望するユーザーは正確な情報をアイピーファインに届けるものとし、当該ユーザーが以下のいずれかに該当することをアイピーファインが確認した場合、アイピーファインはその申し込みを承諾しない場合があり、当該ユーザーは予めこれを了承するものとします。
本サービスの利用条件を満たしていない場合。
過去又は現在を問わず、本サービスを含むアイピーファインが提供するサービスの利用に関する契約を解除され、若しくはこれらのサービスの提供を停止された場合、又はその虞がある場合。
業務の遂行上又は技術上支障をきたすと、アイピーファインが判断した場合。
前各号の他、アイピーファインが適当ではないと判断した場合。

第4条(本サービスの利用)

アイピーファインは、第3条1項の利用申込を承認したときは、当該ユーザーに対し、本サービスの利用および管理に使用するIDおよびパスワードを付与するものとします。
ユーザーは、利用契約期間中にアイピーファインに利用ID数の変更申し込みをした場合、利用ID数の変更ができるものとします。
ユーザーは、自己に付与されたIDおよびパスワードの使用・管理に一切の責任を負うものとします。当該IDおよびパスワードにより認証された本サービスの利用は、全てユーザーによる利用とみなします。
ユーザーは、本サービスの利用に関わる費用の一切(設備・機器・ソフトウエア等に要する費用、電気通信回線利用料金を含みます。)を負担します。

第5条(利用目的)

ユーザーは、本サービスを自己の営業行為に利用することができるものとします。

第6条(料金の支払い)

ユーザーは、本サービスの初期費用として、本サービスのホームページ上に定める金額または別途見積書により提示された金額に、これにかかる消費税等を加算して別途アイピーファインの定める方法によりアイピーファインが指定する銀行口座に一括現金にて支払うものとします。
第4条第2項に基づき、アイピーファインがユーザーからの申し込みに基づき利用ID数の増加を行った場合、ユーザーは、既に初期費用として支払い済みの金額との差額費用としてアイピーファインからの見積書により提示された金額に、これにかかる消費税等を加算して別途アイピーファインの定める方法によりアイピーファインが指定する銀行口座に一括現金にて支払うものとします。なお、利用ID数の減数を申し込んだ場合は差額返金等はしないものとします。
ユーザーは、本サービスの利用料金として、本サービスのホームページ上に定める金額または別途見積書により提示された金額に、これにかかる消費税等を加算して別途アイピーファインの定める方法により翌月の利用料金を毎月当月末日までにアイピーファインが指定する銀行口座に一括現金にて支払うものとします。
前項に定める料金は、月単位で定められるものとし、アイピーファインより提示される本サービスの利用開始の属する暦日の翌月1日から発生するものとします。 なお、利用ID数の変更を行った場合もこれと同様とします。
アイピーファインは、アイピーファインが適当と判断する方法でユーザーに事前に通知することにより、第1項に定める利用料金およびその支払い方法を変更することができるものとします。但し、当該利用料金およびその支払い方法の変更の詳細については、本サービスのホームページ上に掲示することにより、ユーザーへの通知に変えることができるものとします。その場合、料金およびその支払い方法の変更に関する通知の日から起算して8日以内に、ユーザーが第11条に従って利用契約の終了を申し入れない場合、ユーザーによってかかる変更は承認されたものとみなします。

第7条(問い合わせ)

本サービスに関する問い合わせ窓口、その営業日および営業時間帯については、アイピーファインにて別途定めるものとします。
アイピーファインは、ユーザーからの問い合わせに対してのみ回答するものとします。但し、1ヶ月以上前の事象に対する問い合わせについて、又は問い合わせの内容によっては、回答できない場合があることをユーザーはあらかじめ承諾するものとします。

第8条 (秘密保持)

アイピーファインは、ユーザーが本サービスに保存した情報及びアイピーファインが本サービス提供の過程で知り得たユーザーの情報を事由の如何を問わず第三者に開示漏洩がないように厳に機密として保持し、相当の注意義務をもって管理を行います。

第9条(禁止事項)

ユーザーは、アイピーファインが本サービスの円滑な提供のために出す必要な指示に従うものとします。
ユーザーは、本サービスに用いるアイピーファインの設備(通信設備、通信回線、電子計算機、その他の機器およびシフトウエアをいいます。)に無権限でアクセスし、又はその利用若しくは運営に支障を与える行為(支障を与えるおそれのある行為を含みます。)をしないものとします。
ユーザーが第1項の指示に従わない場合又は前項に該当する行為を行ったとアイピーファインが判断した場合、アイピーファインは当該ユーザーに事前に通知することなく、当該ユーザーによる本サービスの利用を一時的に制限することができるものとします。
アイピーファインが前項の措置をとったことで、当該ユーザーが本サービスを利用できず、これにより損害が発生したとしても、アイピーファインは一切責任を負いません。

第10条(責任の制限)

本サービスの各機能は、提供時点においてアイピーファインが提供可能なものとします。本サービスがユーザーの特定の目的に適合すること、期待する機能を有すること、期待する成果を実現すること、不具合を起こさないことおよび利用結果を含め、アイピーファインは、ユーザーに対し、本サービスに関する何らの保証を行うものではありません。
アイピーファインは、本サービスの利用に伴い、ユーザー又は第三者のプログラムやデータの消失若しくは破損等が生じた場合であっても、その理由の如何を問わず一切の責任を負うものではありません。
アイピーファインの責に帰すべき事由により、本サービスの利用ができなかった場合の対応については、本サービスのホームページ上に定めるとおりとします。

第11条(ユーザからの解約)

ユーザーが利用契約を解約する場合は、解約を希望する月の末日までにアイピーファインが指定する方法でアイピーファインに届け出るものとします。

第12条(アイ・ピー・ファインからの解約)

ユーザーが本サービスの利用料金その他の債務を支払期日を過ぎてもなお履行しない場合、支払期日から3か月間の猶予をもってアイピーファインは利用契約を解約することができるものとします。
会員規定所定の事項に加え、ユーザーが次のいずれかひとつにでも該当する場合、アイピーファインは利用契約を解約することができるものとします。
暴力団、暴力団員、暴力団関係、総会屋、社会活動標榜ゴロ、特殊知能暴力団若しくはそれらの関係者(以下、総じて「反社会的勢力」といいます。)に該当し、又は反社会勢力との取引若しくは人的、資金的関係があるとアイピーファインが判断したとき
自ら又は反社会的勢力を利用して、アイピーファインに対して、詐術、暴力的行為又は脅迫的言辞を用いたとき
ユーザーが前期各号に該当したことによりアイピーファインが損害を被った場合、利用契約の解約の有無にかかわらず、アイピーファインは、ユーザーに対し、被った損害の賠償を請求することができるものとします。
本条に基づく利用契約の解約によりユーザーに損害が生じた場合でも、アイピーファインはいかなる責任も負わないものとします。

第13条(利用契約終了後の措置等)

解約その他の事由により利用契約が終了した後、アイピーファインは、本サービスの利用により当該ユーザーによってサーバーに格納されたデータの全てを消去できるものとします。

第14条(本サービスの停止等)

アイピーファインは、本サービスの提供を終了するときは、ユーザーに対して事前に通知するものとします。ただし、緊急の場合にはこの限りではありません。 前項の通知は、本サービスのホームページ上に表示することにより行うものとし、表示後1ヶ月経過した時点で全てのユーザーに通知したものとみなされるものとします。
アイピーファインは理由の如何を問わず、第1項の通知を行うことにより本サービスの終了によりユーザーが被った被害について一切免責されるものとします。



付則
本利用規約は、2013年4月1日より効力を有するものとします。